5歳児が値段を決める美術館

Img_e7615a61da16e5b37afe4c519b4e9d8a
Img_0007ea4c4b27913f24e84ec33fa288ce


夫の佐藤ねじとの共作です。息子が4〜5歳の頃に大量に作っていた工作やお絵かきを、コツコツと写真に撮りためていたのですが、アーカイブするついでに実際に購入できるようなECサイトにしました。まさかと思ったのですが、実際に購入してくださる方もいて、梱包したりお手紙を書いたり、家族中でお祭り騒ぎのようになりました。

5歳児が値段を決める美術館→  (Click!) 
Img_e4c4893d522c9c8001de4a5eaaae92c9

顔ハメ絵本

Img_f326d3214f80a11582f369085db91112
Img_0d422abccac482f6ee7f5ab3bbff5bc3
Img_deb0e81754463152e223cff848870b36


夫の佐藤ねじと一緒に作った、顔ハメ絵本です。
親みずからが中に入って、表情を変えつつ絵本を読み進めるという
ハイレベルな絵本になりました。
Img_bede404558bc38279cde7ef3b866bea1

kodomoe 10月号掲載中

Img_b3cf85847e7be27fbad98bc0a632beed
Img_ba5aef23a06ac22981d1a7b6605f467c
Img_5566030be59cd936594b4ac1167d4eef
kodomoe 2017年10月号に、ハロウィンのおもちゃと遊び方を掲載していただきました!
いつも楽しいkodomoeですが今回もたのしい内容です。ぜひご覧くださいね!

 (Click!) 
Img_e5c7f36f1be26f65fb9c1884a8d5118e

LEE 2017年10月号掲載中

Img_030646176f13987f41488ed5fbd226c6
Img_2b816a7b1448fed44b3015ca7142091f
Img_062e1058df0a742b6f620e55ded18273
集英社の女性ファッション誌、LEEの10月号に、

・かぼちゃから作るジャックオーランタンの顔のデザイン
・ハロウィンおもちゃ3種

が掲載されています。
女性ファッション誌に掲載されるのは3誌目くらいで、あまりないのでうれしい!
ランタン制作では、フードコーディネータの梶山葉月さんとご一緒させていただきました。

この号はLEE本誌を抜粋したフリーペーパー「SENSE UP LEE」という 冊子にもなっていて、東急線の駅のラックに今日から入っています。表紙開いた1ページ目に載っています。無くなったら終わりとのこと。

LEEは本誌連動の動画も配信があって、「毛糸で作るジャックオーランタン」の作り方動画がこちらのリンクに。→  (Click!) 
カボチャで作るジャックオーランタンの作り方動画→  (Click!)  

ホネホネマンとジャックオーランタンの型紙ダウンロードもリンク先にあります。 
フー情報多すぎ!!

あまりファッション誌を自分で購入することがないのだけど、
たまに読むと楽しいですね。きれいな女性を見ているだけで嬉しくなります。
Img_e6ddfeab27ae76c4a4af0ada667e19fd

おかしのようせい

Img_db99b37bf14173d3877dd49b818ce67d
Img_e049ff7d8353acae9ff50b8f52cdd3a4
先日、家族ぐるみで仲良しの友人のおうちで、
『ママ(私の友人)がお仕事をしている間 娘ちゃん(2歳)と遊んで待つ』
というミッションがありました。 

彼女は自宅で仕事をしてるのだけど、
2歳の子どもの面倒を見ながら仕事をするのってマジで至難の技。
祝日で、保育園もおやすみとのこと。

シッターをすることが数日前から分かっていたので、
我が家で息子と
「ママ(私の友人)が仕事に集中できるように、夢中になれる遊びを考えよう」
という会議を開きました。

おうちではなく外に遊びに連れ出せば良いのですが、
2歳というのは、なかなか一筋縄にはいかない時期で、
それで嫌がられたり泣かれたりする方が、ママにとっては辛かったりするものです。

それで、息子が考えた『お菓子の妖精をたくさん隠して探すゲーム』を
することにしました。



Img_ebf65d5a8f91a674a8c5dc77b9f7fd04
Img_ce5860b7ed93fa18850a9319be8bc02e
息子が作ったお菓子の妖精たち。
中に、グミやクッキーがひとつづつ入っています。
量産は私も手伝いました。
Img_d9d1489bbb2238c2814a007517b709ab
Img_fdbddb3886d0ec5a136319e8c16ded25
Img_995b8aff367c22391f480b6a3f0f2154
息子が部屋中にお菓子の妖精を隠して、
娘ちゃんが探します。全部見つけたら、一人一個づつ選んで、三人で食べる。
こんどは私が隠して、息子と娘ちゃんが探す。そして一つだけ食べる。

これを繰り返して、結局1時間くらいはこの遊びをしていました。
Img_b776f3279d3ce1f5d944f86a0428cc47
ちょうど良いかごがあったので
Img_b392dd561c43298775dd451f5bb39e07
おもちゃの中に隠れています
Img_210f427061f1d9c41c98cd36cc8c0116
2歳って、グミ食べていいんだっけ、などと少し迷ったので、
ひとつの妖精に小さいのをひとつだけ入れました。
また、やってみると、驚くほど少しづつ、小さくかじってゆっくり食べるので
結局そんなに食べませんでした。2歳かわいい。すごいかわいい。超かわいい。

お菓子のパッケージも見せていないので、後日お店でねだられることも
無いのではないかと期待しています。

この2歳のかわいい娘ちゃんとは、家も近くてたびたび遊ぶのですが、
一人っ子である息子(6歳)が、
「すごい喋るようになってる!」
「真似してくれた!」とはしゃいでいて、
ああー、メロメロになっている、と思うとそんな息子も可愛くて仕方ありませんでした。
2歳にも見つけやすいように分かりやすい場所に隠したり、
いっぱい考えているのがよく分かりました。

日常的なこういう関わりが、息子の心に影響を与えてくれる、
小さくて可愛くて、とても大事な存在だな、と改めて実感。

それで、ハッと気づいたのですが
これは…ハロウィンパーティーでやると盛り上がりそうですね。

みなさまも、ぜひお試しください。
Img_2100feda389717550f475558d2b1219e
Img_5b5772a7e47d6325e851764da88d41bb

誕生日の化石ケーキ

Img_6788cf71df6ef69b88c7018334ac5934
息子が6歳になりました。もうすっかり少年ぽくなって、
私が作るおもちゃへの反応もずいぶんドライになってきました。
さーこれからどうなることやら。

息子は今また恐竜が大好きで、
なにやら新しい恐竜の化石がどこかで発見されたとかで?
(息子と同じテレビを見ているはずなのに覚えきれません)
いつか発掘をしに行きたいと言っています。

ということで、誕生日のケーキは化石を発掘できるケーキにしました。
化石部分はクッキーで、ケーキが黒いのは、真っ黒なココアを使っているからです。
生クリームなどの装飾がないのは、息子が生クリーム嫌いで食べられないため。
きれいに飾ってあるケーキもあまり好きではないようです。
Img_53da57324687d3d69d941da704be221e
Img_4d7241dd05d6b52340439060777e262e
中にも埋まっています
Img_deffeda0a341fcfc8ebe8a6f07af86e8
作ってみようと思ったは良いものの、
私はお菓子作りが全然できないので、仲良しの友人でお料理の仕事をしている、
フードユニットTORiの鷲巣麻紀子ちゃんに相談をしてみました。
それで、アドバイスをくれるどころか、一緒に作ってくれたので(!)
大成功!それどころか、私史上、過去最高に美味しいケーキが完成!!

とっても嬉しかったので、作り方も同時にアップします。
スポンジケーキの詳細なレシピは、みなさんのお好みのレシピでやってみてください。
(わたしはいつも、簡単おいしいモントンを使っています!)
ケーキを焼いている途中で、生地の表面がほんの少しだけ固まったくらいで
オーブンの扉を開け、サッ!とクッキーを載せます。

スポンジのレシピ、オーブンの強さなどで時間は変わると思うので、
めちゃ手間ですが、市販のクッキーを使って一度本番前に試作をすることをおすすめします。

大好きなフードユニットTORiのHPはこちら  (Click!)  

Img_c9f187da09a203bd8991cc4d274c24d7
Img_e8e7f705d75cee0f08976e94d4b17103
Img_62a2efb2597b9648127c352010782e9c
Img_a8122d25a0e4dfa5ae038c9849e01d07
Img_2c69c795fe52686936df693d4d54f2ac
Img_afd0d174c38491b385c5d7ff3d6ba364
ジャーン
材料:クッキー生地、ケーキ生地
スポンジケーキレシピ・制作監修:鷲巣麻紀子
Img_163784e97ed45e8fb553e00a45db3e79

おふろシールの今

Img_0a232c176648341203c8540f7c5e8374
息子が作ったお風呂シール
Img_c92cd5e31e8f1878eab67d8082214505
Img_a0c933b26006357933bc7811d78b3cd6
↑初期のおふろシール
Img_c4223d2aead371a62edc79cc24abb18e
↑きせかえおふろシール
4年前くらいにはじめて作った、
「おふろシール  (Click!) 」というおもちゃがあるのですが、
重ねてきせかえにしたり (Click!) 、絵本のようにしたりと
いろいろなアレンジを経て、息子が自分で作るようになりました。
今、恐竜ブームなので描いているのはほとんど恐竜で、
なぜか「シーン」を描くのが好きなようです。

おふろシールは簡単だし、透明なので絵本などに重ねてなぞって作ることもでき、
日本中のたくさんの方に作っていただいているようで
snsを通じてみなさんの作品を拝見して嬉しく思っています。

また面白いおもちゃ作るぞー!
Img_6dab8ea53bd9a92d27f9661390188611

反射するケッタくん

Img_f8b11a6ca0417091a49222368fd187f4
Img_f66babedcbd362d0a56ca24fee39a281
昨年の秋から、保育園の送り迎えの時に自転車に乗るようになりました。
1月になった今は少し日が延びてきていますが、
12月頃なんて、お迎えに行く16時半にはもう日が沈んでしまうんです。
今まであまり自転車に乗っていなかったので知らなかったのですが、
黒い服を着ている人や自転車は、
暗い道では本当に見えづらいのです。
スイスイ走っていたら、わ!人がいた!!なんてことが
なんどもあって、危ないな…と自分を見たら、
なんと上着もズボンも真っ黒でした。
(さらに自転車も黒です)

危ないのは自分だ!!!

ということで、いろんなところに反射板をつけました。
ついでに、チャイルドシートの後ろに、
ちょうど良い赤い反射板が最初から貼ってあったので、
これを口に見立てて、
目と鼻をつけて顔にしてみました。

すごくよく反射する上に、
自転車置き場ですごい存在感を放っているので、
少々恥ずかしいのですが、
夜道での危険は少し減ったのではないかと期待しています。

素材:100円ショップの貼れる反射材
Img_405b681b60ff57b24cf502202a43cecc

森のアイススケート

Img_e2ecc7882a1605136333d8a79f764f21
Img_c49f3c2593a76d0a2af7cd034f78ce29
100円ショップで、『回転テーブル』という商品がありました。
テレビなどを載せてくるくると回す物らしい。
磁石を使って、こんなおもちゃを作ってみました。





こんど作り方も書きますね。

Img_bbefc745a13ac729334dd9136e9ec4ec

Tシャツぞうきん

Img_c445ee948b9ff9019f7f6b39238c2f94
図鑑好きが高じて、生物博士みたいになって、結果エコロジストぽくなってきた息子が、
着られなくなった服をリサイクルしたいと言うので雑巾にしました。
結構かわいいし思い入れがあるのでいい感じ。
息子がこぼした時に自分で使うと意気込んでいます。
Img_32e2d879c2be77e8969ba7f91f983574