誕生日の化石ケーキ

Img_6788cf71df6ef69b88c7018334ac5934
息子が6歳になりました。もうすっかり少年ぽくなって、
私が作るおもちゃへの反応もずいぶんドライになってきました。
さーこれからどうなることやら。

息子は今また恐竜が大好きで、
なにやら新しい恐竜の化石がどこかで発見されたとかで?
(息子と同じテレビを見ているはずなのに覚えきれません)
いつか発掘をしに行きたいと言っています。

ということで、誕生日のケーキは化石を発掘できるケーキにしました。
化石部分はクッキーで、ケーキが黒いのは、真っ黒なココアを使っているからです。
生クリームなどの装飾がないのは、息子が生クリーム嫌いで食べられないため。
きれいに飾ってあるケーキもあまり好きではないようです。
Img_53da57324687d3d69d941da704be221e
Img_4d7241dd05d6b52340439060777e262e
中にも埋まっています
Img_deffeda0a341fcfc8ebe8a6f07af86e8
作ってみようと思ったは良いものの、
私はお菓子作りが全然できないので、仲良しの友人でお料理の仕事をしている、
フードユニットTORiの鷲巣麻紀子ちゃんに相談をしてみました。
それで、アドバイスをくれるどころか、一緒に作ってくれたので(!)
大成功!それどころか、私史上、過去最高に美味しいケーキが完成!!

とっても嬉しかったので、作り方も同時にアップします。
スポンジケーキの詳細なレシピは、みなさんのお好みのレシピでやってみてください。
(わたしはいつも、簡単おいしいモントンを使っています!)
ケーキを焼いている途中で、生地の表面がほんの少しだけ固まったくらいで
オーブンの扉を開け、サッ!とクッキーを載せます。

スポンジのレシピ、オーブンの強さなどで時間は変わると思うので、
めちゃ手間ですが、市販のクッキーを使って一度本番前に試作をすることをおすすめします。

大好きなフードユニットTORiのHPはこちら  (Click!)  

Img_c9f187da09a203bd8991cc4d274c24d7
Img_e8e7f705d75cee0f08976e94d4b17103
Img_62a2efb2597b9648127c352010782e9c
Img_a8122d25a0e4dfa5ae038c9849e01d07
Img_2c69c795fe52686936df693d4d54f2ac
Img_afd0d174c38491b385c5d7ff3d6ba364
ジャーン
材料:クッキー生地、ケーキ生地
スポンジケーキレシピ・制作監修:鷲巣麻紀子
Img_163784e97ed45e8fb553e00a45db3e79

おふろシールの今

Img_0a232c176648341203c8540f7c5e8374
息子が作ったお風呂シール
Img_c92cd5e31e8f1878eab67d8082214505
Img_a0c933b26006357933bc7811d78b3cd6
↑初期のおふろシール
Img_c4223d2aead371a62edc79cc24abb18e
↑きせかえおふろシール
4年前くらいにはじめて作った、
「おふろシール  (Click!) 」というおもちゃがあるのですが、
重ねてきせかえにしたり (Click!) 、絵本のようにしたりと
いろいろなアレンジを経て、息子が自分で作るようになりました。
今、恐竜ブームなので描いているのはほとんど恐竜で、
なぜか「シーン」を描くのが好きなようです。

おふろシールは簡単だし、透明なので絵本などに重ねてなぞって作ることもでき、
日本中のたくさんの方に作っていただいているようで
snsを通じてみなさんの作品を拝見して嬉しく思っています。

また面白いおもちゃ作るぞー!
Img_6dab8ea53bd9a92d27f9661390188611

反射するケッタくん

Img_f8b11a6ca0417091a49222368fd187f4
Img_f66babedcbd362d0a56ca24fee39a281
昨年の秋から、保育園の送り迎えの時に自転車に乗るようになりました。
1月になった今は少し日が延びてきていますが、
12月頃なんて、お迎えに行く16時半にはもう日が沈んでしまうんです。
今まであまり自転車に乗っていなかったので知らなかったのですが、
黒い服を着ている人や自転車は、
暗い道では本当に見えづらいのです。
スイスイ走っていたら、わ!人がいた!!なんてことが
なんどもあって、危ないな…と自分を見たら、
なんと上着もズボンも真っ黒でした。
(さらに自転車も黒です)

危ないのは自分だ!!!

ということで、いろんなところに反射板をつけました。
ついでに、チャイルドシートの後ろに、
ちょうど良い赤い反射板が最初から貼ってあったので、
これを口に見立てて、
目と鼻をつけて顔にしてみました。

すごくよく反射する上に、
自転車置き場ですごい存在感を放っているので、
少々恥ずかしいのですが、
夜道での危険は少し減ったのではないかと期待しています。

素材:100円ショップの貼れる反射材
Img_405b681b60ff57b24cf502202a43cecc

森のアイススケート

Img_e2ecc7882a1605136333d8a79f764f21
Img_c49f3c2593a76d0a2af7cd034f78ce29
100円ショップで、『回転テーブル』という商品がありました。
テレビなどを載せてくるくると回す物らしい。
磁石を使って、こんなおもちゃを作ってみました。





こんど作り方も書きますね。

Img_bbefc745a13ac729334dd9136e9ec4ec

Tシャツぞうきん

Img_c445ee948b9ff9019f7f6b39238c2f94
図鑑好きが高じて、生物博士みたいになって、結果エコロジストぽくなってきた息子が、
着られなくなった服をリサイクルしたいと言うので雑巾にしました。
結構かわいいし思い入れがあるのでいい感じ。
息子がこぼした時に自分で使うと意気込んでいます。
Img_32e2d879c2be77e8969ba7f91f983574

くらしのひらがな

くらしのひらがな→  (Click!) 
※サイト自体が作品ですので、click!をクリックしてご覧ください。

息子がひらがなに興味を持ち始めた時期に作った、夫との共作です。
「くらしのひらがな」
あいうえお表ってつまんないよね、ということで空間にひらがなを散りばめたひらがな表。
カッティングプロッターも使ったけど、「と」とか「を」とかは完全手作業で作りました。文字って綺麗だなーと勉強にもなりました。



Img_ffef13dceef6e0dfb3ceaf39afcb965e

ダイオウイカ(実物大18m)

Img_34a754e5ca8828ea359fa98b70e45f6e
息子の『大きさブーム』は続いています。
『くらべる図鑑』 (Click!)  という素敵な図鑑があって、
とても大好きでよく読んでいます。

で、当然のように大きい生き物が好きみたい。
ということで、日常に大きな生物を出現させる遊びの第二弾。
(第一弾は、こちら (Click!) 
Img_e03ee25ad1c02f68931cba056efcdcb4
Img_715710719073b3625a4662d22881af37
Img_6334c25407e7a206868b8cdb9e576072
1、公園で、歩測で18mを図って、子どもに立ってもらって写真を撮影。
(この場合は、木の幹から、子どもが立っている箇所までが18mでした。)
2、コンビニで、A3の紙にプリント
(各コンビニで簡単にプリントできます。)
3、写真の上から絵を描く。
(息子にダイオウイカの輪郭を描いてもらい、内側を修正ペンで白く塗って、上からクレヨンで塗りつぶしました。)

コンビニで気軽にプリントできるので、すぐに試すことができます。
逆に家の中で、小さい生物でやっても面白いかも!
Img_b80d69263fe8ac81754840d2c14d9a65

ウシマンボウ 3.3 m





息子は今、『おおきさ』ブームです。
わけのわからないブームですが、
スカイツリーは634m ‥‥634mってどれくらいの長さ?とか、
ティラノサウルスが13mで、市バスは11m、全長が近い!とか、
アルゼンチノサウルスは45m。(でかい)
で、オオカマキリが何センチ、とか、そんなことをよく言っています。

図鑑を読んでいたら、マンボウの中でも大きいのが『ウシマンボウ』。
全長3.3m。確かに大きいけど、水族館で見ると、水槽も大きいので
なんだか大きさがよくわかりません。

ということで、狭い我が家に実物大のウシマンボウを作ってみました。
キッチンから隣の部屋をつなげると、だいたい12畳の部屋に、
紙で淡々とウシマンボウを作りました。

作ってみたら以外と簡単で、かなりド迫力です。

Img_64e77e6df9e4c2948d0c247c2a43080f
Img_a649bfe30d70c070edf3041d087b1b4a
Img_5365140dce89a73c2ffc892fea4f2eb3
素材:紙、絵の具、クレヨン
Img_4a367a442679db9990e4a7e595df8e59

タコ帽子

Img_55ad1cfcccb045d6dbe740875d168adc
Img_3898b577ca757422c286ba86c59e09bf
Img_810db5c3f0d6227f00c4aa63600e3e97
Img_04a54d8abd4f5d3ce564cd24483b45fa
さかなブームの息子。
もうすぐ劇場公開となる
『ファインディング・ドリー』を大変楽しみにしています。
この映画にはミズダコが出てくるので、
映画を観る前に、ぜひ水族館でミズダコを見たいと言われたので、
タコの帽子をかぶって、
ミズダコのいる水族館を探して見に行きました。

この帽子はちゃんと吸盤がついているので、
気に入った水槽では吸盤をくっつけて
じっくりと見入っていました。

せっかく行った水族館ですが、
なんといるはずのミズダコが死んでしまっていて、
観ることができませんでした。
(マダコとメンダコはいました)

それでも魚好きな息子には楽しかったようですし、
魚を見ながら『この魚は毒があるから危険だよ!』
『たしか‥、イシダイだと思う』
など、息子が解説をしてくれるので、
わたしは、今まで行った中で一番楽しむことができました。


素材;100円ショップの帽子、赤いトイクロス、吸盤、白黒のフェルト
Img_ff2cdc2e16211efc0399e5bdcf18b631

カジキ帽子

Img_5dc9d64b152cb064255e532f645d92fe
Img_f490d76285eaee68037721b785d7c19f
Img_e9c02f3f19706120c4b7393095a6d09d
息子は恐竜や昆虫、動物、海に住む生き物が大好きです。
特に今興味があるのが魚。NHKの『ダーウィンが来た!』を
良く見ていて、必然的にさかなクンさんを尊敬するようになりました。
いろいろと調べてみると、さかなクンさんはいろんなところで
イベントをしているので、今度イベントに行くことにしました。

帽子作ろうかと言うと、ぜひカジキにしてくれと言うので、
カジキの中でも派手な背びれのある『バショウカジキ』を
モデルにして制作しました。

とても気に入ってくれているようで、
寝るまでずっと被り、
起きたらすぐ被っていました。

イベントに行くのがとても楽しみです。

素材:布、キルト芯
Img_a10b2cef45b1e012fd024a7efb0059ba
Img_59ea73b41db6eb3a04cec75fc45ae71e
Img_23bd3e9be2baeae3d60bd96b61e6b218