ストラックアウトロボット ROBOT

Img_a39758e867eb8e6ffc4fc439be01ad4d
Img_dbeb2b206e746614a2c1d72b549fe363
Img_47bcf0b6f56b9345e4251cca15eda2a6
育児とくらしの工作家の、吉田麻理子さん (Click!) が、
お子さんを2人連れて家に遊びに来てくれました。
私の息子と、麻理子さんの息子さんはどちらも3歳で、
この日が初対面。

何か一緒に遊べるものを、と思い
急いでストラックアウトのロボットを作成。

ボールが入ったらひとつリンゴを食べられるというルールにしました。
ロボットの胸の、『1』の部分にボールを入れると、
内部に穴が開いていて、下の箱に落ちる仕組みです。

ここから投げてね、という線を床に引いたのですが、
ちゃんと守っていた麻理子さんの息子さんと、
最初からルール説明を聞いていなかった自由な我が子…。

二人ともとても楽しそうでした。
一緒に楽しむという経験をすると、
子ども同士打ち解けるのが早いように思います。
そのあたりの事情は大人と変わらないようです。

素材:ダンボール、ガムテープ、マスキングテープ

Img_81ca7593603716765f783c139d19f550