ウシマンボウ 3.3 m





息子は今、『おおきさ』ブームです。
わけのわからないブームですが、
スカイツリーは634m ‥‥634mってどれくらいの長さ?とか、
ティラノサウルスが13mで、市バスは11m、全長が近い!とか、
アルゼンチノサウルスは45m。(でかい)
で、オオカマキリが何センチ、とか、そんなことをよく言っています。

図鑑を読んでいたら、マンボウの中でも大きいのが『ウシマンボウ』。
全長3.3m。確かに大きいけど、水族館で見ると、水槽も大きいので
なんだか大きさがよくわかりません。

ということで、狭い我が家に実物大のウシマンボウを作ってみました。
キッチンから隣の部屋をつなげると、だいたい12畳の部屋に、
紙で淡々とウシマンボウを作りました。

作ってみたら以外と簡単で、かなりド迫力です。

Img_64e77e6df9e4c2948d0c247c2a43080f
Img_a649bfe30d70c070edf3041d087b1b4a
Img_5365140dce89a73c2ffc892fea4f2eb3
素材:紙、絵の具、クレヨン
Img_4a367a442679db9990e4a7e595df8e59

タコ帽子

Img_55ad1cfcccb045d6dbe740875d168adc
Img_3898b577ca757422c286ba86c59e09bf
Img_810db5c3f0d6227f00c4aa63600e3e97
Img_04a54d8abd4f5d3ce564cd24483b45fa
さかなブームの息子。
もうすぐ劇場公開となる
『ファインディング・ドリー』を大変楽しみにしています。
この映画にはミズダコが出てくるので、
映画を観る前に、ぜひ水族館でミズダコを見たいと言われたので、
タコの帽子をかぶって、
ミズダコのいる水族館を探して見に行きました。

この帽子はちゃんと吸盤がついているので、
気に入った水槽では吸盤をくっつけて
じっくりと見入っていました。

せっかく行った水族館ですが、
なんといるはずのミズダコが死んでしまっていて、
観ることができませんでした。
(マダコとメンダコはいました)

それでも魚好きな息子には楽しかったようですし、
魚を見ながら『この魚は毒があるから危険だよ!』
『たしか‥、イシダイだと思う』
など、息子が解説をしてくれるので、
わたしは、今まで行った中で一番楽しむことができました。


素材;100円ショップの帽子、赤いトイクロス、吸盤、白黒のフェルト
Img_ff2cdc2e16211efc0399e5bdcf18b631

カジキ帽子

Img_5dc9d64b152cb064255e532f645d92fe
Img_f490d76285eaee68037721b785d7c19f
Img_e9c02f3f19706120c4b7393095a6d09d
息子は恐竜や昆虫、動物、海に住む生き物が大好きです。
特に今興味があるのが魚。NHKの『ダーウィンが来た!』を
良く見ていて、必然的にさかなクンさんを尊敬するようになりました。
いろいろと調べてみると、さかなクンさんはいろんなところで
イベントをしているので、今度イベントに行くことにしました。

帽子作ろうかと言うと、ぜひカジキにしてくれと言うので、
カジキの中でも派手な背びれのある『バショウカジキ』を
モデルにして制作しました。

とても気に入ってくれているようで、
寝るまでずっと被り、
起きたらすぐ被っていました。

イベントに行くのがとても楽しみです。

素材:布、キルト芯
Img_a10b2cef45b1e012fd024a7efb0059ba
Img_59ea73b41db6eb3a04cec75fc45ae71e
Img_23bd3e9be2baeae3d60bd96b61e6b218

誕生日プレート

Img_587b3053aaed4704faf8702bd45c055d
Img_f7418828fcf5dbac87a22acf0c8a8a40
先日、息子の5歳の誕生日パーティーを行いました。
大きくなるにつれ、自分の誕生日を喜んでいる様子。
今年は、『じぶんもじぶんにプレゼントをあげる』と言って
自分でプレゼントを作って自分にあげていました。

ささやかな誕生日パーティーですが、
記念にオリジナルのお皿を作りました。
将来見た時のことを考えて、今の息子の身長や好きなものなど
忘れてしまいそうなことを書きました。

無印良品の陶器にかける『おえかきペン』という商品を使いましたが、
現在は販売していないようです。
他のメーカーでは
『らくやきマーカー』という商品名でも販売しているようです。
絵を描いた後、オーブンで20分焼いて冷ますだけなのでとても簡単。

これを作っていて思い出したのですが、
私25年ほど前のこども時代にも、同じことをして
友達の誕生日プレゼントを作っていました。

懐かしい思い出です。

材料:108円の加熱OKの白いお皿、無印良品のおえかきペン
Img_b2aec369c6e725a30c8f19bc6f56d733

商品化しました。YOU+MORE!とコラボ

Img_b65f1842d62f38aeb0c65248ec9860f1
ずいぶん前に作った、パパドーロ (Click!) という作品が、
フェリシモのYOU+MORE!で商品化して発売中です。

YOU+MORE!  (Click!) 

イラストは、YOU+MORE!の雰囲気に合うように、
タカラカオリさんという素敵なイラストレーターさんが
描いてくれています。
普通にTシャツとして素敵です。
柄はぜんぶで4種類。寝たまま遊べる画期的なTシャツです!

Img_631962b4996fde48af8973498894ab8c
Img_ac3875f7ff82ec6cb573e8ffb93981b2
Img_6fd729806ec7b561d8f6fcba7048df01
Img_af3e9315b8a039a9f08f1f5788a9d03b
Img_c66ed767fb1e0cb52f4af08955d14ce5

宝箱Treasure box

Img_9e94f887c7394b8adfecf376ae1f7219
Img_11eff5bf281941a17b06d954ea555839
先日、ちょっとだけ体に悪いところが見つかって、
4泊5日の入院をして治療してきました。
運の良いことに、早めに見つかって早めに処置したような
状態で、入院前も退院後も体調悪化することなく
とっても元気でいます。

私の入院中は夫が息子の面倒を見ていたのですが、
私と息子が24時間以上離れるのはこれが初めてのことでした。
入院前にたっぷり時間があったことと、
4泊5日で帰宅できることがわかっていたので、
アドベントカレンダー型の『宝箱』を作っておきました。

1日にひとつづつ、扉をあけてゆき、全部開け終えた次の日には
私が退院してくる、というものです。
中には、ミニカーやお手紙が入っています。

あまり深く考えずに、金色のテープで縁取りをしたのですが
これがとても良かったようで、息子は
『箱を見るだけで楽しくなるんだよ〜』と喜んでいました。
初めての母の不在、どうなるかな?と思いましたが、
夫のおかげもあり、安定して楽しく過ごせたようです。
良いきっかけになり、息子は少し成長したように思います。

ひとつ失敗したな、と思うのは、体調がもしも悪かったら、
予定より日程が延びたと思いますので、扉が足りなくなる可能性も
あったなあ〜。ということです。
その辺注意が必要ですが、母が不在になるいろいろな場面で使えそうな
宝箱です。

素材:ダンボール箱、デコレーションの画材
Img_c2d50f1f716a208d7503024b94c3ed79

アワアワ〜



いらないプリンやゼリーのカップに、
ビニールテープで顔をつけただけのおもちゃです。
お風呂で、泡をのせて髪型を作ってみました。
こどもは大喜び。
Img_52c436e65b262c5760f1c33862c3b43c
Img_20502a639ad1a242c6dfb35a63c902e0
Img_041f3df08f22ec6fdce71a88fe99b32d
Img_01b00db9d9386a8ff5ea0504435efe67
材料:プリンカップ、ビニールテープ(油性ペンでもできます。)、泡
Img_6d13bf340e911a0fcf14f1d31977241a

磁石で虫バトル



息子に昆虫ブームがやってきました。
将来の夢は昆虫学者になることで、
尊敬している人は丸山宗利さん。
毎日、色画用紙で虫を作っては、虫と虫を戦わせて遊んでいます。
すごく楽しそうなのですが、息子は一人っ子なのもあって、
毎日母である私が付き合わなくてはならないので、
毎日毎日だと飽きてきます。

ということで、磁石を貼り付けて、
ちょっと趣向を変えて遊んでみました。

我が家ではIKEAで購入したスツールを使用していますが、
たぶんダンボールなどでもできるのではないかと思います。

磁石は、100円ショップでも
『強力磁石』という物が売っています。
特にネオジム磁石は小さいのに強いのでオススメ!
ぜひ試してみてください。

材料:菜箸、強力磁石、色画用紙
Img_0f72107f45a56c0d989a87203281df5d
Img_23e5f9230c9bd468b56fbf642411171d

はしる!チビ忍者



透明な下敷きに、色画用紙で忍者を作ってペタッと貼っておきます。
電車や車で移動する時に、窓に透かして見れば
まるで、チビ忍者が本当に走っているように見えます。
Img_f18396836607244707b2ea0ccd85c552
Img_1f626afa1994e9cc78cfaab835248fd9
Img_9fd0f7ee15d4939fbd7e50d5173b0d2f
こどもが楽しくなって大声を出さないように要注意。
電車があまり混んでいない時に試してみてください。

材料:透明な下敷き、色画用紙
Img_3029fcbd0865400a6738f3abbb58e763

おもしろお雛さま



息子が保育園で折り紙をするようになってから、
家でもたくさん折り紙を折っています。
お出かけの時も折り紙を持ち歩いて、
電車の中などで折っています。

iphoneで折り方をいろいろと探して、
私も折るようになりました。
その中で見つけた、
伝承おりがみの『おさるの山のぼり』という折り方を応用した
おひなさまおもちゃです。

おひなさまにしなくても、色々と応用できそうです。
『おさるの山のぼり』とインターネットで検索すると、
折り方が出てきますので、ぜひ試してみてください。
Img_7c250481435e70e4bafe54dd9ad8bcf7

数字エコバッグ

Img_59949a390ca83ad11d36945459b39539
Img_204c5a0c781121b3fb67228296b3ea46
Img_864a75a9169eaa80a318d71e901cebe9
2015年から週に一度スタッフをしている、
FabLabβBashamichiで、『昇華プリント』という技法で
エコバッグを作りました。
いろいろな色、パターンの組み合わせで
切り貼りしてデザイン。
割と気に入っています。

このバッグ、FabLabβBashamichiのオープンラボ時に
来ていただければ、
どなたでも制作していただけます。
ぜひお越しください。
Img_e3e6b219ef1b570c406f19c5bd350e98

カモフラ虫遊び

Img_f8f4ae5c848c78bdfb8c0a0ac9035564
Img_1ab7b0bf1f3c84e39c009792ef75a8a1
公園に折り紙とはさみを持って行って、適当にバッタや蝶を作り、
擬態している虫のように草などに紛れさせて探す遊びです。
ちょっと思いついて、画材屋さんに行っていろいろ材料を買おうかと思っていたのですが
面倒臭くて家にある折り紙で試してみたら、
驚くほど虫っぽくなりました。
特におすすめなのが、このふたつ。
1、黄緑でバッタ
2、茶色をくしゃくしゃにして切ってコノハチョウ
Img_3f3b48d774230afbc67bd78b09382962
Img_0bafe363a0baa1af766ccc71a99f78b5
コノハチョウの方は本当によく馴染んで、
途中で見失ったほどです。この写真では息子は間違えています。
Img_3446a71b900c97d877a7d6639351779a
Img_1a37fce38ad6581161141d0a73d30eeb
本当に簡単で時間が潰せる、おすすめの遊びです。
Img_cc89a6501e873ef7fe30cd82a35d2b9b

ハロウィンパーティ小ネタ

Img_5e62eed549bfc39a0e04f63fc502d653
Img_2087cf15fa8e0ee7501dc248762805a7
Img_19c964219e037ba69c1e5a457a198e1b
近年盛り上がっているハロウィンイベント。
たぶん『仮装する』っていうのが、
子供ゴコロも大人ゴコロもくすぐるし、
写真も面白く撮れるのでSNS向きだな、と思います。

週末、1週間早めに、友人達と簡単なパーティをしました。
簡単なゲームをしたり、おやつを食べたりして、
ランチはGomaさんの顔のサンドイッチを参考にして
子供達と一緒にサンドイッチを作りました。
 (Click!) 

で、サンドイッチの上に紙皿で作った『オバケ蓋』を被せて完成。
なんてことないのですが、ちょっとあるだけで
パーティぽくなるので便利です。

作りかたは、お椀型の紙皿を裏返して油性ペンで顔を描くだけ。
こどもと一緒に作っても楽しめると思います。
Img_ae8e86ad310914f007f07ce6dd4ac7ae
こどもの仮装衣装は、現在発売中のkodomoeに
寄稿した私のレシピです。 (Click!) 
(一番右は、息子が熱望した『ノージーのひらめき工房』を見て製作しました!)

ぜひご覧ください。


Img_3ddec4241b37ed7b59c3510eb514ce7a

とうちゃん人形

Img_f18fc1e44a3204949b6d6ab47c804b15
Img_5c6abe345bbe7c7911dbfe4d003acb14
Img_2df20563cf0708af9cd0b259fd49b9aa
息子が3歳くらいの頃、新幹線での長距離移動の際
道中でどうしても飽きてしまうので、
なんとか楽しく時間が過ぎるようにと、
『とうちゃん人形』を作りました。

証明写真の余りを切り抜き、黒い画用紙に貼り付けて
適当に人型に切ってあります。

ものすごく軽いし、旅行中の荷物の負担にもならず
遊び初めてみるととてもシュールで面白いので
息子にも人気でした。

我が家は夫と息子がとても仲が良く、
とうちゃん人形も好きだし、実物のとうちゃんも大好きなようです。

さらに進化させて、布製にしたのが
3枚目の写真。
私がスタッフをしている、FabLab β Bashamichiで制作しました。
ウェディングのウェルカムボードや、出産祝い、ペットで作るなど
いろいろと広がりのあるアイデアです。

Img_c98af7b3029567fd0b87fb3ebfba32ed

TORi岡本雅恵さんとコラボ!おばけのくねくねピック

Img_9d8910e468c5d68aa3058cc326d9c621
Img_731f1dd46a82051719f9e73fcabbb68c
友人でフードディレクターの、TORi岡本雅恵さんとの初コラボです。

ワッフルベーカーなどで人気の、Vitantonioのwebコラム(レシピ)
の中で、ハロウィン用に使えるおばけのくねくねピックを作りました。
写真は岡本雅恵さん。スタイリングも素敵で、すごく綺麗です。

・Vitantonioのwebコラム → (Click!) 


作り方も下記にUPしました。
TORi岡本雅恵さんのお料理は、見た目がかっこいいとか華やかなことばかりでなく、
丁寧で心のこもった、手紙のようなお料理です。
他のレシピもとても魅力的なので、過去のコラムも要注目!

コラボするのがとっても楽しかったので、またやりたいなー!!
Img_fc2f326263d634afbfe94a2c568687af
Img_ea001e2dc1886834325aa2a97d6d8732

おばけリュック

Img_8384633ce28d66ab5afaee824bfe9322
もうすぐ、ハロウィン。
現在発売中のkodomoeという雑誌で、
簡単に作れるハロウィンの衣装の作りかたをご紹介しています。
くわしくはこちら (Click!) 

それで、これはそのアイデア出しをしていた時の
案のひとつ。雑誌に掲載されているのは
また別のものです。

こちらは、子供用のリュックに白い布を巻いて結び、
フェルトで顔をつけるだけ、というもの。

超がつくほど簡単です。

素材:リュック、白い布、フェルト、ボンド
Img_e1b6c5e67d4b38402679eb5c0eb409d2

なんどでもメイロ

Img_d37d8a2324aea818d7fb65a900c66629
Img_f9a294050cffde427b4d7073bfce3289
Img_38fba2eb91c4a73a396115eac37c3bde


『ワンダーランド』という、息子のお気に入りの雑誌があって、
 (Click!)  ウラ表紙に迷路があります。
(古本で買ったので、今のには無いかも?)
これがきっかけで、今の息子は迷路がブーム。
私も何枚も即興で描いています。

今回作ったおもちゃは、ホワイトボードに消えない迷路が描いてあって、
ホワイトボード用のマーカーで何度も使えるものです。

いろいろと工夫がありまして、
迷路の中にいくつかイラストを配置してあるので、
『家を出て、猫に挨拶してからソフトクリームを買いに行こう』
などストーリー性を持たせられます。
つまり、スタートもゴールも中継地点も自由自在。

また、マグネットにイラストを描いて、
上に貼ればさらにお話が変化していきます。

この絵の画像データは、下記からご自由にダウンロードしてください。
 (Click!) 

家庭では紙にプリントし、フリクションペンを使って道を辿って遊び、
しばらく遊んだら、軽くアイロンをかけて線を消すと
何度も繰り返し遊べます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回のおもちゃは、私がスタッフをしている
ファブラボ・ベータ・馬車道  (Click!) 
カッティングプロッターを使用して制作しました。
ファブラボは本当に面白い!です。
毎週木曜日に常駐していますので、ぜひご見学にいらしてください。
(不在時もあるので、事前にご連絡いただけると嬉しいです!)

素材:ホワイトボード、カッティングシート、マグネット、ホワイトボード用マーカー
Img_8eab96f4a1e6ee7a052ed0939be064cc

アルミホイルあそび

Img_db57e93e70a2d97a48739204122e3ed3
Img_6c18313e967fe6b9d21f52f063ce8a84
最近我が家では、アルミホイルで遊ぶのにハマっています。
危なくないし、形がいろいろに変わるし、
ぎゅーっとすれば固くなるし、
何より安いので気兼ねなくじゃんじゃん使えて嬉しい。

こどもが喜んだのが、いろいろなものをホイルで包んで、
何が入っているかを当てるゲームです。
拾ってきた石や、葉っぱもウケます。

素材:もの、アルミホイル
Img_37f9fb3d8c5a438b4250deb0c0b7acfb

色あつめゲーム

Img_874a58fd5f5a1ae63391a5fe932f3496
Img_98cfd2314c893de0c0813a51ab13c780
最近我が家でリバイバルしている、色あつめゲーム。

もともとは、KOKUYOのWorMo'用に考えた遊びです。
WorMo'はこちら→ (Click!) 

電車での移動中、長時間だとこどもが飽きてしまうので、
そういう時によくこの遊びをしています。

適当な厚紙に、色鉛筆かペンで丸を描いて持っていきます。
ルールは適当で、
まずは車窓から赤いものを見つけよう!見つかったらシールを貼るよ!
といった感じ。色だけでもかなりの時間遊べます。

先日は、猫と大仏のシールも持って行き、
猫を見つけたら猫のシールをあげる!ということにしました。
で、暑すぎたせいか猫が全然いなくて、
ポスターの中にピカチュウを見つけた息子が、
あれは猫だと言い張ってシールをゲットだぜしていました。


Img_f6b543e9493e9ed40b651558b003aea3

こども時計

Img_fb42bb4289a822ee6b9817b99eb045f7
100円ショップで時計を購入して、枠を外し、針と機構だけ慎重に取り出して、
息子が紙皿に書いた文字盤に移植しました。

丁寧に分解することだけ気をつければ、
あっという間に完成します。かんたん。




素材:時計、紙皿、色画用紙
Img_d8ea60a13630611d255bf55157e5e8ff